忍者ブログ
TW2・シルバーレインのPC及びPL視点での雑記
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23
Posted 2017.08.20,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted 2008.11.25,Tue
秘色の空の下
ぽつりと残された鉛色の校舎は
朱色に染まり、濃藍に溶け込み

やがて静かに白練に沈んでいく
想い出を抱いて、満天の星空に包まれて。






廃校舎に残る残留思念をゴースト化させて倒す、ただそれだけ。単純な「やや難純戦依頼」。
けれど本当に、この依頼に参加できてよかったって思った。
俺にとって笠原MS+やや難+純戦=ラスボス級、っていう理由だけじゃなくて。勝利の爽快感や達成感もあるんだけど、ソレよりも暖かい何かが残った依頼だったな。

多分、凄くいい仲間に恵まれた、っていうのが大きいかな。
今まで恵まれてないわけじゃない…寧ろ俺は「仲間運」なんてのがあるなら相当ついてるほうだと思うんだけど。
相談で混乱したりギスギスしたり停滞したりが全然なかった。寧ろジョーク交じりで和やかな感じ、なのに相談はテキパキスムーズに進む。活発さや熱さで言えば一年前の終演には及ばないんだけど、上手に進めてくれる人、的確に指摘する人、パシッと纏められる人、皆慣れてて上手で凄かったなぁ……俺は好き勝手喋ってるだけで済んじゃったよ。

結果はなんだかアッサリ勝っちゃった、って感じ…
皆のプレイングを見ると、それぞれが用意しておいた行動がピッタリ嵌ったってのがよく解る。なんだかもう「凄い」しか言えないけど、やっぱり凄いと思った。自分のプレイングを省みるとちょっと情けなくなるよ…行動は絞って具体的に、かな。


相談中、敵のアビ予測してるときに、「星色の衝撃波」が凄く心に引っかかったんだ。
最初は黄色い(=光?)神秘攻撃だろうって思ってたんだけど、プレイングを書いてて流れ星なのかな、って気がした。そういえば日本では流れ星をキツネに例えることがあるんだっけ?
……だから、あの地縛霊は星を見るためにあそこに残ってたんじゃないか、って。少年少女はわからないけど、俺の心情や台詞はそんな想像で書いたもの。
実際はどうだったのか判らないし、知る必要もないのかもしれないけれど、ね。


同行の皆には感謝を。ライトもサポートありがとね


静かなところだね
残留思念はどうしてこんな寂しいところに残るんだろう
理由はわからないけど残しておくわけにはいかないね

■事前
後衛陣を守るように待機
残留思念は屋上の端、それより外側にゴーストは現れないと予想し出入口側や真横を警戒
ゴーストが現れたら位置や距離を確認、特に大狐を見分けておく

対処順は 少女→大狐→少年→小狐1→青年・小狐2
少女が後方に控えるようなら大狐から対処
攻撃が届く段階で少女を優先
念の為屋上から落ちないよう極力縁に立たないよう注意

■行動
狐3体の足止め役
涯や霧人に負担がかからぬよう紫郎と手分けして狐を引き受ける
敵との距離があるなら距離をつめつつ霧影分身術、近くなら強化せず武器攻撃
誰かに攻撃が集中しそうなら割り込んで1体でも引きつける
その際距離があるなら水刃手裏剣で牽制、威力より命中させ気を引くことを重視
負傷した狐は追い討ちせず青年を回復に専念させる
余裕があるときは皆の攻撃対象へ手裏剣で援護

笑声に中てられ回復したらすぐに陣形を戻し孤立しないように
もし涯が中てられたら復帰まで少年の足止めに回る

小狐は1体残し最後まで牽制攻撃
但し青年が攻勢に出るなら手裏剣で早めに仕留め皆に合流
青年には極力近づかず手裏剣で攻撃
時間切れだよ、星はもう見納めだ

自己回復は防具HP分が削れたとき
初回は分身、分身持続中はライカンスロープで

■星
彼は星を見る為にココに残ってたのかな…確かに独り占めしたい空だけどね

 
銀使用時は迅の近くで待機してて

戦闘時は後方から赦しの舞、祖霊降臨で援護をお願い
迅・沙耶とタイミングを計って無駄のないようにね
特に前衛の涯・霧人へは優先的に気を配ってあげてね
 
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
初めに
このブログは、TW2・シルバーレイン の参加PC
ラッセル(b14557)
一樹(b37760)
及びそのPLによる戯れ言です。
公式とは何の関連もなくアンオフィ全開だったりPCなりきりだったり背後丸出しだったり色々ですので予めご了承ください。
最新コメント
[06/08 一樹]
[06/08 金城]
[06/08 かなえ]
[06/08 一樹]
[06/08 かなえ]
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]