忍者ブログ
TW2・シルバーレインのPC及びPL視点での雑記
[1] [2
Posted 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted 2008.09.21,Sun
哀れな女が居たらしい
誰を待って泣き暮れたのか どれだけ想い焦がれたか
何故その声は届かない
待ち人は何処へ行ったのか どうして戻ってこないのか

哀れな女が居たらしい
白装束に身を包み、それでもずっと待っている

想いは全て、池の底


PR
Posted 2008.07.24,Thu
来訪者ナイトメアの作り出す悪夢の世界、というやつを初めて見たよ。
なんだかキミョウな世界だね…多分、囚われている人の性格や生活環境や、囚われるに至った経緯がはっきりと現れる場所なのかな。侵入者である俺からすれば「キミョウ」でしかないけれど、実際囚われてる人にとっては凄い重圧だったりするんだろうな、と…そんな印象


Posted 2007.12.12,Wed
そこは何もない平原だった。
かつて濡れそぼり項垂れていた芒すらその姿を消していた。
灰色の天井は低く、流れる風は凍て。

無彩色の世界に、鮮やかな和傘が開いた。

Posted 2007.12.01,Sat
気づけば転校してきて既に一年。今年もあと一ヶ月で終り。
だけどここ暫くは何となく無気力に過ごしてて。10月の幽霊船討伐には参加していたけど…学校の授業は聞き流し、StMにも顔を出さず。ただ延々GTを巡ってた。

今日、唐突に。クラスで「リベンジがんばれ」って言われた。
始めは何の話か解らなかった。つい先日まで彼らの誕生日の話題だったから。でもすぐに思い当たって、予報士の集まる教室へ行ってみた。

そこにいたのは、二ヶ月前にも会った予報士。彼が退治を求めるのは、因縁の相手。

…正直に言って、内心は躊躇ってた。倒せる自信がなかった。
けど、足は勝手に教室に乗り込んでた。他人に任せておけば安心だし、痛みもない。けどきっと、後悔するし自信も取り戻せないって、頭のどこかで解ってたから。

今回は絶対負けない。自分たちで呼び出したゴーストが人を傷つけるなんて悪夢もいいところだ。



それにしてもどうして彼が、俺がしくじったコトやその相手のことを知ってたんだろう?
もしかして、失敗を哂われてる?
…うん、人の不幸を喜ぶと公言してるくらいだからあるかもしれない orz
でも…運命予報が出たことを教えてくれたのは本当にありがたいな
「また失敗したら笑ってやる」とか言ってるし、つい挑発で返しちゃったし、どうにも素直に礼はしづらいし受け取ってもくれなさそうだけど。


Posted 2007.08.09,Thu
先月末に請けたゴースト退治は無事終了、今朝レポートが届いたよ。
三色の星が落ちた浜  … 笠原獏MS
臨海学校に関連したゴースト退治の依頼のひとつ。砂浜に現れる3体の巨大ヒトデを退治するのが条件。
結果から言えば無事成功。…イチマツが同行してるし参加者の中にも使役ゴースト憑きがいるから…俺達のほうで勝手に成功条件のハードルを上げていた気もするけど(笑)
でも折角の海だしね、誰も大怪我することなく夏を満喫できたんだから成功じゃないかな。

同行者みんなと笠原MSに感謝とお疲れ様。あとイザヤは遊んでくれてありがとう。



個人的にはモクセイの一言が凄く気にかかってて…文字数やりくりしてコッソリ書いておいた予想が上手く生かされてたのが嬉しかったり気恥ずかしかったり。…どうもツメが甘かったみたいだけどさ。
「防具の選び方」っていうのは…最初は神秘弱いのに気防具つけてたから言われたのかなと解釈したけど、MS雑記みた感じだとヒトデの属性に合わせた防具ってコトなのかな? 赤青で分担して気術防具、後衛は緑対策に神秘防具…なら快勝万々歳だった?


……でも確証ない予想だったからなぁ……間違ってたら怖いから俺にはごり押しデキマセン… orz
気防具着て行ったのは一応想定アンチヒール対策のつもりではあったけど(麻痺は気合で避ける@術特化)…自信はあったけど根拠なしだったからな〜……むぅ、このへんは経験則なのかなー。




以下背後も交えて初参加の感想と反省と、保存をかねてプレイング晒し
長文警報発令中。
初めに
このブログは、TW2・シルバーレイン の参加PC
ラッセル(b14557)
一樹(b37760)
及びそのPLによる戯れ言です。
公式とは何の関連もなくアンオフィ全開だったりPCなりきりだったり背後丸出しだったり色々ですので予めご了承ください。
最新コメント
[06/08 一樹]
[06/08 金城]
[06/08 かなえ]
[06/08 一樹]
[06/08 かなえ]
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]